多様化するコーヒーグッズ

おおよそ10世紀頃から飲まれていたのではないかと言われ、今では世界中にコアな愛飲家が存在するコーヒー。


日本でも多様な飲み方で親しまれ、朝は一杯のコーヒーから始まるという方も少なくないでしょう。



独特の苦みと香ばしい香りが特徴のこの飲み物は、今や各国で定着・発展し、コーヒー文化とも言うべき一大ジャンルを築いています。



そんな世相の中、コーヒーにまつわるあらゆる器具などを総称した『コーヒーグッズ』は、実に様々な商品展開を見せ、コーヒー通を自認する人々の間で、年々需要を伸ばしています。
特に、見た目もオシャレで美味しいコーヒーを淹れる実用性も兼ね備えたコーヒーミルやコーヒーサイフォンなどは、アンティークな雰囲気を演出できるコーヒーグッズとして、常に安定した人気を誇っていますね。
そのほかのコーヒーグッズと言えば、メジャーなところではコーヒーカップ、コーヒードリッパーなど、やはり実用的なものが人気を集めていますが、輸入ものコーヒーの麻袋や木製の樽、箱なども、リサイクル可能でオシャレなインテリアグッズとして注目されているようです。

日本でのコーヒーのイメージは、特に西洋文化と密接に結びついていますから、アンティークやレトロの雰囲気を醸しながらも、使い方によってはモダンを演出することもできるコーヒーグッズは、まるでカフェのようにオシャレな空間をプロデュースできるアイテムとして、今後さらに需要を増していくかも知れません。



近頃は、コーヒーの香りがするアロマキャンドルやお線香など、香りを利用した変わり種の商品も発売されるようになりました。
コーヒー豆をモチーフにしたアクセサリーや服飾雑貨、日用品など、実に幅広いジャンルでコーヒーがモチーフになっているのを見ると、この飲み物がいかに世界中で愛されているかを改めて知るような思いですね。